センター試験の文法対策

Facebookでお世話になっている島根県立松江高等学校の緒方孝先生の記事を紹介します。

達セミに学ぶ 英語学習のヒント 第103回 センター試験の文法・語法問題を解くには、選択式の問題演習より、4技能の向上に寄与する中身のある文法学習こそがカギである

センター試験の英語はテストとしてはよくできています。しかし、テストそのものは悪くないのですが、勉強の方法を誤る可能性が高くなり、結果としてと文法力、英語力が身に付かなくなってしまいます。

選択問題の問題集を解きまくるのは、高校生の貴重な学習時間を無駄に使うことになります。この勉強方法では英語力が伸びません。まずは基本事項をしっかりと抑え、『実際に英語を声に出して読む、書く、例文を覚える』という英語学習の基本をしっかりとやりましょう。

私が受験生の時も、並び替えや選択問題の問題集はやっていません。学校で買わされ、定期テストの出題範囲になっていたので、周囲の高校生はやり込んでいましたが、あまりいい結果は出ていません。出題範囲が決まっている定期テストには強くなりますが、英語力が伸びていないのであとで大きなツケを払わされることになります。

文法が苦手な生徒さんほど問題集のやり込みに走りやすいですが、かえって遠回りになります。永田式直読直解法で文意がつかめるようになってきたら、文法のテキストで基本事項を確認し、テキストに載っている例文を一つ一つ暗記・暗唱していきましょう。

コツをつかめば、例文を覚えるのはそれほど難しくありません。例文を覚える時には、知識的に詰め込むのではなく、反射的に英文が出てくるようにトレーニングします。悩みながら覚えると時間がかかるだけでなく、言語中枢以外の部分が使われてしまうため学習効率が悪くなります。センター試験は時間との勝負なので、反射的に英語が出てくる訓練が必要となります。(もちろん、仕上げにセンター対策問題集をやり込む必要はあります。)

英語を学習するためのポイントは、脳の中の言語中枢をいかに刺激するかにかかっています。一見すると遠回りに思える方法でも、「言葉を覚える本能」を目覚めさせることができれば短時間で効率よく習得できるようになります。

 

四技能重視の時代に対応するには長文読解を攻略せよ!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170516/k10010983281000.html

NHKニュースからの引用です。

“現在の大学入試センター試験に代わり平成33年1月から実施されるテストの最終案を文部科学省はまとめました。新たなテストは「大学入学共通テスト」という名称になる予定で、従来のマークシート方式に加えて記述式の問題が導入されるほか、英語の試験は行わず英検など民間の検定試験を活用する方針です。”

“また、英語のテストでは、実践的なコミュニケーション力を身につけさせるため、これまでの「読む・聞く」力に加えて「書く・話す」力も測定します。このため大学入試センターの試験は廃止し、英検やTOEFLなどの文部科学省が認定した民間の検定試験を活用するとしています。受験生はこれらの検定試験を高校3年になると2回まで受験でき、その結果は大学入試センターに送付されます。そして、大学入試センターは受験生が志望する大学の求めに応じて、結果を伝えるということです。一方で、英語のテストは大幅な変更となるため、文部科学省は共通テストを始めてから4年間は検定試験に加えて、今の試験を続けることも検討しています。” “四技能重視の時代に対応するには長文読解を攻略せよ!” の続きを読む

中学1年生の英語の勉強方法

まずは教科書の本文をしっかりやる

教科書の本文をノートに写していきましょう。

本格的に英語を勉強するのは初めてとなります。英語に慣れるために、教科書の本文を何回もノートに写していきましょう。この時、単語と単語の間隔をしっかり空けて、ピリオドを忘れないように注意します。ピリオドが書けない中学生はかなりたくさんいます。 “中学1年生の英語の勉強方法” の続きを読む

ゼロから始める中学英語の勉強方法

何から手を付けていいかわからない

塾講師や家庭教師をしていると、ゼロからはじめなければいけない生徒さんにはよく出会います。この状態で問題集を解いたり、一般的な塾へ行ってもあまり効果はありません。集団塾でもついていけないし、個人指導塾でも対応できる先生はかなり稀です。

文法の説明を丁寧にされる先生もよく見かけますが、主語・動詞がわからない状態で文法の詳しい説明を受けても???が増えるだけです。教える方の立場としては、主語や動詞が何なのかを説明するのはかなり大変です。

英語の教え方

この記事は、塾講師や家庭教師で英語を教える先生にも役に立ちます。英語が全くできない生徒さんに、ここに書いてある方法以外の方法で教えてもほとんど効果がありません。

私も最初は何をやったらいいかわかりませんでしたし、講師仲間や家庭教師をしている学生からも、全く成果が上がらないという話はよく聞きます。

最初のテキストは「Hey English!」

学年にかかわらず、このテキストからやりましょう。日本語の例文から主語、動詞を探すところから始めます。私の知る限り、全く「英語ができない生徒」に独学でやってもらって効果があるテキストはこれだけです。問題を解くだけでなく、例文を繰り返しノートに書きましょう

ノートに書くという作業は単純であまり意味がないように感じられるかもしれませんが、英語に親しむにはこれが1番です。

Hey, English! 改訂版
2012/10 創拓社出版
Amazonで見る
楽天ブックスで見る
セブンネットショッピングで見る

まずは英単語をしっかり覚える

Hey English!の例文に出てきた英単語を一つ一つ覚えましょう。単語の覚え方は最速英単語記憶法に書いてありますが、ゼロからのスタートの場合、単語帳で覚えるよりもテキストに出てくる英単語を重点的に覚えたほうが効率がいいです。英単語を覚える時は、必ずノートに覚えたい英単語のリストを作ってから覚えます。ノートに書かないで英単語を覚えられる人はかなり優秀な人です。面倒でもノートにリストを作って確実に英単語を覚えるようにしてください。英単語をきっちり覚えられるかどうかは、その後の学習効率が大きく変わります。

英単語は我流では上手く覚えられません。ここに書いてあることは必ず守りましょう。

単語リストを使った英単語の覚え方

ノートは単語専用のノートを作りましょう。ノートには中央に縦線を引き、左側に英語、右側に日本語を書き込みます。

英語   | 日本語
英語   | 日本語
英語   | 日本語
英語   | 日本語
英語   | 日本語

紙か何かで英語を隠し、日本語を見ながら英語が書けるようにしていきます。覚えられなかった単語は日本語のところにチェックを入れておきます。

英語   | 日本語
英語   |レ日本語
英語   | 日本語
英語   |レ日本語
英語   |レ日本語

英語を読むだけならスペルを覚える必要がないと思うかもしれませんが、スペルを正確に覚えていないと、実際に英文の中で出てきた時に、その単語だと気が付きません。また、繰り返し数を稼ぐためには、スペルを覚えるくらいまでやり込む必要があります。面倒に感じても、必ず守ってください。

チェックを入れた英単語を10回ずつ、ノート、裏紙等に書きます。ノートに書く場合、単語用のノートとは別のノートを使いましょう。

一通り書き込みが終わったら、日本語を見て英語が正確に書けるかどうかをもう一度チェックします。スペルも正確に書けたらチェックを消していきます。

チェックが消えなかった英単語は、10回ずつノートに書きます。

すべての英単語のチェックが消えるまで繰り返しやります。

一度覚えただけの英単語は、翌日になるとすべて忘れています。忘れるのは普通のことなので、何度も何度も、忘れなくなるまで続けます。

Hey English!が終わったら

Hey English! は1から3まで出ています。じっくり取り組みたい方人は続編の2、3へと進んでいきます。

急ぐ場合は、単語帳を使った本格的な英単語の覚え方、や学校の教科書、公立高校の入試問題の長文読解の学習へ進みます。