英語脳は必要ない!(永田式長文読解5)

永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。


前回は、日本語に訳しているのに英語が読めない理由についてお話しました。今回は、日本語脳と英語脳との関係についてお話します。


日本語は柔軟な言葉!

英語の神髄はその語順にあることは以前お伝えしました。前から順に読んでいくことで、脳に負担をかけずに読むことができます。省エネ言語といってもいいでしょう。

これに対して、日本語はより柔軟で繊細な表現ができる言葉です。語順を入れ替えてもちゃんと意味が通じます。

この二つの言葉の特性をうまく利用すると、、、

語順は英語、使っている言葉は日本語、という文章ができあがります。

我々日本人は、英語の語順のまま読んでもちゃんと理解できます。

日本語なのに、メモリの消費量が少ない!といういいとこ取りの文章ができます。

日本語脳で英語は読める

英語の語順のままでもちゃんと読めるということは、言い方を変えれば、日本語脳を使って英語を読むことができるということです。


従来のイメージ【英語脳を新しく作る】


従来のイメージでは、日本語脳とは別に英語脳を新しく作る必要がありました。永田式直読直解法ではそんなことをする必要はありません。日本語脳の一部を英語脳として育てていけばよいのです。


永田式直読直解法のイメージ【日本語脳の中の英語脳を育てる】


言葉を覚えるのは人間の本能

人間には言葉を覚えるという本能がああります。しかし、多くの日本人が、英語を言葉ではなく暗号として勉強しているため、うまくこの本能が機能していません。英語を、日本語の延長としてとらえることができれば、誰もが無理なく英語を言葉として取り組むことができるようになります。

事実、私が教えた生徒さんは、わずか1日で英語が読めるようになっています。英語脳を新しく作っていたのではこのことが説明できません。

永田式英語長文直読直解法では、日本語脳を使って英語を読むトレーニングを行っていきます。

大げさなネーミングですが、やり方は簡単です。単語ひとつひとつを日本語に置き換えていくだけです。

英単語を覚えるのも日本語の延長で!

当サイトで推奨している最速英単語記憶法では、単語帳を使って英単語を覚えることを推奨しています。

英語と日本語を一対一で結びつけることにより、英単語を日本語の延長として覚えることができます。

人間には、言葉を覚えるための本能が備わっています。英単語も、日本語を覚えるのと同じような感覚で覚えていくのが望ましいです。

ただし、単語帳で覚えただけでは応用力が効かず、実践では使えません。英文をたくさん読み込むことで少しずつ修正していきます。

英単語の覚え方は最速英単語記憶法のところで詳しく説明してあります。英単語を知識ではなく言葉として覚えるにはコツがあります。

 

次回は、実際に英語を読む時の注意点についてです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA