プロフィール

名前:永田啓一
職業:塾講師、家庭教師、時々カメラマン
東京大学工学部卒、修士課程修了
趣味:自転車、水泳(水泳検定1級取得)、家庭菜園、ピアノの調律
連絡先:nagata@e-reading.tokyo

大学院卒業後、愛媛県の東レ株式会社複合材料研究所で働いていました。
健康上の理由により退職し、東京大学の臨時職員(研究の補佐)をした後、今は塾講師や家庭教師をして細々と生活しています。

大学入学後は英語アレルギーになり、しばらく英語からは遠ざかっていました。
数学を教えるつもりで塾講師になったのですが、成り行きで英語を教えることになりました。

独自の方法で英語を教えたところ、驚異的な成果が出たため、本格的に英語教育について研究しています。

自転車

大学時代からやっています。北海道、九州へ旅行へ行ったり、マウンテンバイクを担いで山に登ったりしていました。トライアスロンにも出場しました。一日(24時間)での最長走行距離は389km。東京スタートで房総半島一周しました。

水泳

中学・高校と水泳部で平泳ぎをやっていましたが、膝を痛めてからは長距離(1500m)の練習をメインでやっています。数年前に水泳検定1級を取得。

家庭菜園

市民農園を借りてやっています。無肥料、無農薬の自然栽培に近い農法(炭素循環農法)の実験場となっています。失敗することの方が多いですが、肥料をあげていないのに14kgの巨大なスイカができたり、難易度が高いパプリカの栽培に成功したりと驚くことの連続です。

ピアノ

全く触ったことなかったですが、息子と一緒にピアノ練習中です。調律が趣味です。地元のピアノイベントに出場しました。

写真

「お金をもらって写真を撮る」のが趣味です。プロカメラマンの元でブライダルカメラマンの修行をしていました。現在は卒業アルバムの写真の撮影等を行っています。仕事用のカメラに買い替えてからは、趣味的な写真を撮ることはなくなってしまいましたが、作品用のカメラを買ってまた活動を再開していきたいです。



2件のコメント

  1. 永田式英語ガチで神でした。
    浪人生です。
    もうほんっとガチで感謝してます。
    人生変わりました。
    単語熟語、そして何よりも英文解釈の勉強をやりまくってたけどセンター過去問やったら130しかとれなくて、「俺にはまだ解釈の勉強が足りないのか」と思ってた所でこの本読んで、1日で習得して「え?!今ならいける!」って思って夜に別の年のセンターやったら171点とれました!
    マジでこの本なかったら解釈と和訳地獄にはまって、Fラン人生歩んでたと思います。
    元々ADHDでワーキングメモリーが死ぬほど低いから、余計効果あったのかもしれません。
    今の「お勉強」はワーキングメモリーが低いと点数がとりにくいシステムになってると思います。言い訳にするつもりは全くありませんが、正直発達障害の自分にはキツイです。
    でもそこのディスアドバンデージを上手く回避するという発想は神だと思いました。
    他の教科の参考書も出して貰えたら嬉しいです。
    これからも応援してます。
    ありがとうございました!
    これからも頑張ります。

    1. 投稿ありがとうございます!

      そうなんですよ!!!
      ツボにはまれば、「1日で習得して、センター試験で40点アップ」いけます。

      塾でも同様の効果が出ています。

      ワーキングメモリの容量そのものは、ADHDと非ADHDで差がありません。
      うまく使えていないだけなので「使えるようにする」ようなトレーニングが必要になります。

      他教科の参考書、検討します。出すなら数学でしょうか。

      画期的な筋肉のトレーニング法を開発したので、今はそちらの研究中です。

      https://www.youtube.com/watch?v=AWbkLdoh2-k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です