英語は具体化、日本語は抽象化の言語

英語、日本語問わず、文法は誰かが発明したものではなく、自然に生まれたものです。もし文法が難しかったら言語として成立しません。もし誰かが複雑な文法を発明したとしても、言語が未発達な世界ではその文法を伝える手段が存在しません。自然言語として成立するには「文法の共通化問題」をクリアする必要があります。

そして、自然言語の文法を理解する上で重要なもうひとつのキーワードは「ワーキングメモリの制限」です。人間の脳内にはワーキングメモリと呼ばれる機能があり、これは一時的に物事を記憶しておく場所です。この「ワーキングメモリ」はかなり容量が小さく、4~5チャンクしかありません。

4~5チャンクというと人物なら4~5人、数字なら7~8桁の容量になります。英単語だと4~5個まで。ただし、生まれつきワーキングメモリの容量が大きい人がいて、カタカナ30個覚えられる人もいます。ワーキングメモリの容量が大きい人たちは、国語の読解能力が高いという特徴があります。

言語として成立させるには、ワーキングメモリの制限をクリアすることが条件となります。誰かが全く新しい文法を作ったとしても、ワーキングメモリの問題を解決しない限り実用に耐えない言語になります。

英語の場合、文法・語順はワーキングメモリの消費が最小になるように最適化されています。複数の英単語をそのままワーキングメモリに格納するのではなく、英単語を並べていくことで一つのイメージを作り上げ、ワーキングメモリ消費を1つに抑えています。

日本語は語順のルールがないことで「文法の共通化問題」をクリアしています。「私は昨日学校へ行きました。」「昨日私は学校へ行きました。」「学校へ、私は昨日行きました。」どれも同じ内容です。ルールが存在しないので、言語の成立過程でルールを共通化する必要がありません。 極端な例として、英語の語順でも意思疎通は可能です。 「私は行きました、学校へ、昨日。」

一方の英語は 「一つのイメージを作り上げていくのに適したルールに」なっています。最初に主語「I」を提示し、イメージの元「私」を脳内に作ります。次に「went」を付け加えるとイメージが「何処かへ向かっている私」に変化します。「to school」を加えると「学校へ向かっている私」に変化。最後に「yesterday」を加えてイメージが完成。ここまで消費したワーキングメモリは一つです。これは誰かが発明したものではなく、「脳内でイメージを作り上げていくと、勝手に英語の語順になってしまった」ということです。これならば語順ルールの共通化をする必要がありません。自然言語として自然に成立します。

英語を習得する場合、文法ルールを丸暗記するのではなく、イメージを作り上げていくトレーニングをする必要があります。文法そのものが本質ではなく「イメージを作り上げていくこと」が本質だからです。文法を丸暗記しただけでは適切イメージが作れず、「文法は正しくても意思疎通困難な英語」が出来上がってしまいます。日本人の英語が嫌われる原因の一つがこれです。

ここでもう一度日本語に注目してみます。「私は昨日学校へ行きました。」という文章は、文法的には正しいですが、自然な日本語とは言えません。試しに、誰かに「私は昨日学校へ行きました。」と言ってみてください。言われた人は、「・・・あっそう。」となります。

「私」「昨日」「学校」の語順ではひとつのイメージが作れません。脳の中では、 この3つを独立したイメージとしてワーキングメモリ内に記憶し、「行きました。」 のところでようやく3つの言葉の関係性を整理し、イメージを作り上げることが可能になります。関係性を整理するために時間が必要でその間、「・・・」となります。さらには、整理するために脳に負荷がかかったため、聞き手は「あっそう。」という感想になります。

英語の語順で、「私は、行きました、学校へ、昨日。」と言われた場合、多少不自然ですが、「昨日」の時点でイメージが完成しているため、「・・・」という妙な間はなくなります。

そもそも、「私は昨日学校へ行きました。」 という言葉は日常的に使いません。 「昨日学校行ったよ。」となります。 主語の「私」を省略し、「学校へ行く」ではなく一語で「学校行く」と表現します。これならワーキングメモリを一つしか使いません。「・・・あっそう。」ではなく「それでどうだった?」という反応になります。

日本語の場合、省略できるものはできるだけ省略して「抽象化」します。抽象化することでワーキングメモリの消費をできるだけ少なくします。一方の英語の場合、とにかくリアルに表現して、イメージを「具体化」することでワーキングメモリの消費を抑えます。一言で表すと、「英語の特長は具体化、日本語の特長は抽象化」です。

どんなに翻訳ソフトが進化しても、リアルな英語の表現をリアルなまま日本語に表現することはできません。英語を日本語に翻訳するということは、リアルな世界観を抽象的な世界観に表現しなおすということです。英語のリアルな世界観を知りたいならば、英語を勉強して英語のまま理解するしか選択肢はありません。

英語の小説を英語の原文のまま読むとはっきりとしたイメージが脳内に浮かび、臨場感を楽しむことができます。抽象的な文章から自由に想像力を膨らまして楽しむ日本の小説とは対照的です。

永田式直読直解法(10)イメージ暗唱法

例文暗記・例文暗唱も永田式で

永田式直読直解法では、英単語をひとつひとつ前から順番に読んでいくことを推奨しています。ワーキングメモリを節約し、脳のパフォーマンスを最大限に発揮させるためです。この方法を応用すれば、長文読解だけでなく、英語学習のあらゆる場面で役に立ちます。

英語学習の基本は例文暗唱

短期間で英語力を上げるには、例文暗記・例文暗唱が最も効果的です。文法書を勉強して知識だけ増やしても、実践では役に立ちません。受験参考書にあるような、並び替え、穴埋め問題をやり込んでも同じです。英語は知識でもパズルでもなく、「言葉」です。人間には言葉を習得する本能があります。この本能を上手く引き出せば、英語学習はそれほど困難ではありません。事実、私の生徒さんたちに例文暗記を徹底させたところ、文法力が飛躍的に伸びています。

例文暗唱ができる人、できない人何が違うのか

例文暗記の指導を続けていくうちに、例文暗記が得意な人と苦手な人がはっきり分かれることに気づきました。

私自身、小学生の時から英会話スクールでトレーニングを受けているので、例文暗唱は得意な方です。ただし、暗記が得意なわけではなく、むしろ苦手な方です。英会話スクールの先生に「すごいね」と言われて気が付きました。

実は、、、、英会話の先生が当てるパターンがわかっていたので、自分の番がきそうな時だけ集中して覚えていただけでした、、、、という落ちは置いておいて、例文暗唱が成功する時は、頭の中でイメージをはっきりと作り上げています。これにはかなりの集中力が必要なので、自分が当たるときだけ集中していたということです。

生徒さんに例文暗唱をさせてみると、かなり短い文でもつまづくことがあります。様子を見ていると、悩みながら、「単語を思い出そうとしている」のがわかります。

同じ例文を私が暗唱する場合、単語の羅列として覚えるのではなく、その状況をイメージしながら、イメージとして覚えます。

イメージ化することでワーキングメモリを稼げる

一般的な人(語学に対して特殊な才能がある人を除く)の場合、ワーキングメモリは4チャンクほどしかありません。1チャンクに1単語を割り当てた場合、極めて簡単な例文しか覚えられないことになります。フレーズ毎にまとめて覚えればもう少し長く覚えられますが、それでもすぐに限界がきます。

ここで永田式英語の登場です。永田式直読直解法でやったように、前から読んでイメージを組み立ててしまえば、メモリの消費量を極限まで抑えることができます。少し長い文章でも楽に覚えることができます。

あとはこれを再生するだけです。頭の中のイメージに従って、英単語を並べていき、今度は英文の中でイメージを完成させます。

実際に何人かの生徒さんにやってもらったところ、暗唱能力がかなり向上しました。

例文暗唱の効果

イメージ化のトレーニング

英語はイメージ化をする言語です。例文暗唱を徹底的にやることで、イメージ化のトレーニングを効率的に行うことができます。

長文読解のスピードアップ

イメージ化がスムーズにできるようになれば、長文読解の速度、精度が上がります。

リスニング対策

リスニングは、内容を瞬時に理解し、記憶しなければいけません。イメージ化がスムーズにできなければ、覚えられないし、全く頭に入ってきません。

イメージ化ができていない状態で聞き流しをいくらやってもリスニング力は向上しません。

文法の運用能力の向上

永田式直読直解法を用いれば、文法の理解はそれほど難しくありません。しかし、ライティング・スピーキングで使うとなると話は別です。楽器の練習と同じで、地道なトレーニングが必要となります。例文暗唱を繰り返すことで、実用的な文法力を身に着けることができるようになります。

英単語の運用能力向上

最速英単語記憶法では、短期間に大量の英単語を覚えることができますが、長文読解に特化した覚え方です。そのままではライティング・スピーキングには使えません。例文と一緒に用法も覚える必要があります。

ライティング・スピーキング能力の向上

日本人が英会話が苦手な理由の一つは、「頭の中に日本語を作ってから英語に翻訳」してしまうからです。学校でそういうトレーニングしかしていないので、日本人が英語をしゃべれないのは当然のことです。頭の中に日本語文を作っていたら、ワーキングメモリがいくらあっても足りません。

英会話をするとき、伝えたい内容をイメージし、そのイメージにしたがって英単語を並べていきます。英語の語順はイメージを構築しやすいように最適化されているので、コツさえわかれば難しいことではありません。

日本語を英語に翻訳する場合にも応用できます。文法的な解釈をして直訳するのではなく、日本語からイメージを構築し、そのイメージから英文を作っていきます。

音読スキルの向上

生徒さんに教科書を音読してもらうと、ほとんどの生徒さんは棒読みになります。抑揚は全くついていません。無理に抑揚をつけようとしても、内容が理解できていないのでおかしくなります。

頭の中にイメージをつくりながら読んでもらうと、別人のようにスムーズに読めるようになります。内容をしっかりと理解しながら読んでいるので、適切な抑揚が自然に出てきます。ワーキングメモリに余裕ができるため、脳の本来のパフォーマンスが発揮されるようになります。

闇雲に音読をすすめる先生方が多くいますが、やり方を間違えると全く効果が出ません。逆に、音読が上手な生徒さんは、例文暗唱もスムーズにできていました。例文暗唱と音読には密接な関係があります。

例文暗唱におすすめの書籍

例文暗唱は例文が載っている教材ならどれでも使えますが、自然な英語が載っているもがよいです。

最近み見つけたのは、いいずな書店の単語帳。例文が自然で覚えやすく、レイアウトも見やすくなっています。学校の教材として納入されているらしく、一般の書店には置いていないようです。単語は用法ごとにまとめてあるので、文法力の強化にも使えます。英検3級~準2級、センター試験、やり直し英語に適しています。

English Generator英単語・熟語3000
いいずな書店編集部– 2009/1/30
< Amazonで見る
楽天
7netで見る

 

完全マスター英文法は英検2級以上を目指す人におすすめです。厚みがかなりありますが、英語の勉強はこれ一冊で十分と言えるほど内容が充実しています。色々な教材に手を出さず、これ一冊に集中したほうが効率よく英語を習得できます。

完全マスター英文法
米原幸大– 2009/6/10
< Amazonで見る
楽天ブックスで見る
7netで見る

 

 

英語学習とワーキングメモリの関係(名詞に冠詞が必要なワケ)

ワーキングメモリと英語教育に関する研究

英語とワーキングメモリの研究に関する資料をインターネットで調べてみました。

語学習得とワーキングメモリは深いかかわりがあり、日本人が英語の習得を困難にしている要素として挙げられている例は多数ありました。

しかし、その本当の意味・メカニズムを理解している研究者はいないようです。英語は、日本語と比べてワーキングメモリの要求量が極端に少ない言語です。そのことに触れている資料は見つかりませんでした。

日本語は、イメージを抽象化する言語であるのに対し、英語はイメージを具体化していく言語です。イメージを具体化することによってワーキングメモリの消費を極限まで抑えることができます。英語はイメージを具体化することにすべての労力を払っていると言っても過言ではありません。

具体例1(冠詞)

「英語はイメージを具体化させている」のがわかりやすい例を示すと、名詞の前につく冠詞です。英語では、名詞の前にthe, a(もしくは複数形)などの冠詞や、this, my, his, herなど、名詞を限定する単語がほぼ必ずつきます。冠詞をつける理由は、冠詞がなければ、脳の中にはっきりとしたイメージが作れないためです。

一方の日本語は、抽象化したまま扱う言語なので必ずしも冠詞は必要ありません。必要がないどころか、ワーキングメモリを余分に使ってしまうため邪魔になります。日本人にとって冠詞の扱いが難しいと感じるのはこのことが原因です。「冠詞をつけなければいけない」と説明されても、脳が本能的に拒否するため、冠詞の処理に困ってしまうのです。

英語は、「ワーキングメモリを節約するために、冠詞を使ってイメージを具体化」する。これに対して日本語の場合、「冠詞のような余分な情報を排除して抽象化」することでワーキングメモリを節約しています。

ワーキングメモリを省略するという同じ目的のために、まったく逆の手法をとっている点は非常に興味深いです。日本人が英語に拒否反応を示すのは、脳内で無意識のうちに行っているプロセスが逆だからです。

日本人:なんで冠詞なんて余分なものつけるんだよ!

英語圏の人:日本語には冠詞がないからイメージできなくて混乱する、、、

となるワケです。

具体例2(主語の省略)

英語で主語が省略されることは稀です。英語の授業でも教えられることが多いと思いますが、その理由までは教えてくれません。おそらく、研究論文を探してもみつからないのではないでしょうか。

英語で主語が省略されない理由はただ一つ。主語がないと、イメージの土台が作れないから。イメージの土台をはっきりと作り上げることでワーキングメモリの消費を抑えているのです。

これに対して日本語は、主語を省略することによってワーキングメモリを節約しようとしています。抽象化が基本の言語ならではの手法です。

英語は、「イメージを具体化することでコミュニケーションを図る」のに対し、日本語は「イメージを抽象化し、共感することでコミュニケーションを行う」言葉です。

日本人:私は、私はとか自己主張の強いヤツ。くどい!

英語圏の人:主語なしでどうやってイメージするの?

となるわけです。

国際言語としての英語、ローカル言語としての日本語の価値

日本語と英語、どちらが国際言語として有利かは言うまでもありません。価値観・文化的背景が異なる国の人々が、「共感」を利用してコミュニケーションを行うのは無理があります。イメージを具体化してコミュニケーションを図る英語の方が圧勝です。

もちろん、日本語が劣った言語というわけではありません。日本語には他の言語にない繊細な表現力があります。例えば、俳句は省略・共感力を最大限に極め、芸術レベルまで高めたものであると言えます。

また、日々新しい言葉が生まれ、刻々と変わっていく(若者言葉、ギャル語など)というのも日本語の特徴の一つといえます。言葉が頻繁に変化することができるのは、省略されやすい日本語の特徴と、日本人の「共感力」によるところが大きいと考えられます。

日本語は、日本という閉鎖的な島国でしか発達しえなかった言葉(方言・若者言葉を含む)であり、世界的に見ても大変貴重なものです。

永田式英語とワーキングメモリ

既存の英語教育と永田式英語で最も異なる点は、「イメージの具体化」のトレーニングを最優先で行うことです。単なる文法的な違いとして英語を学んでいたのでは、ワーキングメモリがすぐに溢れてしまい、英語の学習どころではなくなります。

例えば、関係代名詞を例に挙げてみます。「主語+動詞+目的語」が骨組みだとすると、関係代名詞節は外側の飾り付けの部分になります。英語では、ワーキングメモリの消費を抑えるために、「骨格を作ったあとに飾り付けをしていく」という語順になっています。日本語はイメージを具体化する必要がなく、外側から飾り付けをしていくため、英語とは逆の語順になります。

関係代名詞の文を、文法書に書いてあるような解釈で日本語に訳してしまうと、すぐにワーキングメモリが溢れてしまいます。正しく翻訳できたとしても脳が対応できていないため、非常に難解なものに感じてしまいます。簡単な関係代名詞の文なら理解できたとしても、英字新聞や洋書に出てくるような複雑(に見える)文は完全にお手上げです。

永田式英語では、文法学習より先にイメージの具体化を徹底的に行い、ワーキングメモリを溢れさせない方法を脳に覚えてもらいます。文法の表面的な理解よりも大切なものなのです。

人間には元来、「言葉を習得する」という本能があります。英語を学ぶ際、「ワーキングメモリを溢れさせないようにする」だけで、この本能を目覚めさせ、誰もが効率よく確実に英語を習得することができるようになります。

実際に、私の生徒さんは細かい文法のルールを教えなくても、イメージの作り方を教えるだけで簡単な英語ならスラスラ読めるようになります。しかも、数時間のトレーニングのみというあり得ないほど短期間でです。洋書に出てくるような関係代名詞がいくつも重なったような長い文も、読むだけならスラスラ読めます。

本格的に英語を学ぶのは簡単ではありませんが、永田式英語永田式直読直解法を習得すれば、英語学習に対する難易度、苦手意識は大幅に引き下げることができます。

 

関係代名詞の正しい読み方(永田式長文読解9)

永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。

前回は、高校入試の長文を例に読み方の解説をしました。今回は、苦手に感じる人も多い関係代名詞についてです。前から順番に読んでいけば関係代名詞も怖くありません。

関係代名詞は英語の代表選手

前からイメージしながら読んでいく英語の特徴を、最もよく表しているのが関係代名詞です。関係代名詞を正しく理解すれば、英語の本質を理解できたと言っても過言ではありません。 続きを読む →

実際に読んでみよう!その2(永田式長文読解8)

永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。

前回は文型別に読み方を紹介しました。今回は東京都の公立高校の入試問題に挑戦ます。 続きを読む →

実際に読んでみよう!その1(永田式長文読解7)

永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。

前回は英語を読む時の注意点についてお伝えしました。今回は、実際に例文を読んでいきます。 続きを読む →

永田式直読直解法

永田式英語直読直解法(永田式長文読解法)とは、英語と日本語の本質的な違いワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方です。

早い人は1日で英語長文を英語のまま読めるようになります。

ただ読めるだけではありません。日本語訳をしながら読むよりも、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。

従来の学習方法との違いは、壁がないことです。文法知識がなくても始められ、最初から英語で読んでいくので「和訳の壁」もありません。英文のレベルが上がっても、日本語の力を少し借りれば難なく読めるようになります。単語力に比例して読解力が上がっていきます。

 

高校受験で他を圧倒する成果が出ているほか、高校生の中学英語やり直し、大学受験のセンター試験対策、二次試験の長文読解攻略など、受験対策としても高い成果が出ています。

ネイティブの思考パターンを忠実に再現する読み方のため、英字新聞やペーパーバックを読む時にも高い威力を発揮します。

 

以下の記事にて詳しく解説していきます。

記事一覧

永田式直読直解法(1)英語は簡単に読める!

永田式直読直解法(2)英語の神髄は語順にあり!

永田式直読直解法(3)ワーキングメモリ

永田式直読直解法(4)日本語に訳せるのに読めない?

永田式直読直解法(5)英語脳は必要ない!

永田式直読直解法(6)英語を読む時の注意点

永田式直読直解法(7)実際に読んでみよう!その1

永田式直読直解法(8)実際に読んでみよう!その2

永田式直読直解法(9)関係代名詞の正しい読み方

永田式直読直解法(10)イメージ暗唱法

英語を読む時の注意点(永田式長文読解6)

永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。


前回は、英語を読むのに英語脳は必要ないというお話でした。今回は、英文を読む時にやってはいけない項目を集めました。 続きを読む →

英語脳は必要ない!(永田式長文読解5)

永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。


前回は、日本語に訳しているのに英語が読めない理由についてお話しました。今回は、日本語脳と英語脳との関係についてお話します。 続きを読む →

日本語に訳せるのに読めない?(永田式長文読解4)


永田式英語長文直読直解法とは、英語と日本語の本質的な違いと、ワーキングメモリの使い方に注目した画期的な英語の読み方で、速く、正確に、書いてある内容をはっきりとイメージしながら読めるようになります。


前回、日本語はワーキングメモリをたくさん使う言葉であることをおつたえしました。今回は、日本語に訳すと英語が読めなくなる理由を詳しく説明していきます。 続きを読む →